会社概要

創業者よりごあいさつ

社会の潤滑油になるために、今すること

インターネットの急速な普及により、場所を選ばずに、携帯電話やパソコンを使用して仕事ができる環境が整いました。しかし、いまだに多くの企業は100年前と同じように、広い事務所を構え、多くの会議室・研修室を自社内に確保しています。更に、日本は世界的に地価が高いにもかかわらず、効率的に使われていない事務所・スペースが目立ちます。そのことで事務所や保有スペースの有効活用に悩んでいるオーナーや経営者の方も非常に多いのではないでしょうか。

しかし、そのようなスペースを自社で所有する時代は大きく変わり、スペースの稼働率とコストパフォーマンスを考える時代が到来することでしょう。会議室等のスペースを常時自社内に確保するのでなく、必要な時に必要なだけのスペースを借りるほうが経営効率は上がります。弊社は、必要に応じて会議・研修の場所を選ぶ「持たない経営」、それがこれからのスタンダードになるということにいち早く着眼しました。

上記のようなことを踏まえ、私は長年の教育・人材・貸会議室事業の経営に携わってきた豊富な経験とノウハウを活かし、 以下2つのテーマを持って挑んでおります。まず、スペースを有効活用することで「利便性の高いスペース」を提供すること。そしてビジネスをより円滑に運べるようサポートし、日本の国際競争力を高めることで社会に貢献したいということ。この2つのテーマを実現したいという一心から株式会社スペースサーチの設立に至った次第です。多様化する現代をしっかり見据え、進化し続ける未来を見越しながら様々なニーズに対応したサービスをご提供することで、お客様を全面的にサポートすることに尽力する所存でございます。

株式会社スペースサーチ
平成18年6月吉日
創業者 安生 浩太郎

創業者 安生 浩太郎の略歴
学歴 1988年(昭和63年)3月 慶應義塾大学経済学部卒業
職歴 野村證券株式会社主計部を経て、1995年2月に米国公認会計士(CPA)など国際資格のリーディングスクール、株式会社ANJOインターナショナルを設立。(1995年2月24日から2005年10月31日まで代表取締役社長)
著書・監修書 米国公認会計士資格ガイド(東洋経済新報社)、米国税理士資格ガイド(東洋経済新報社)、国際会計基準(IAS)は経営を変える(実業之日本社)、英文簿記入門(実業之日本社)、英文会計入門(実業之日本社)、英文会計中級(実業之日本社)、英文会計上級(実業之日本社)、CFO最高財務責任者(日経BP企画)、成功術エックスでいこう(レゾナンス)など他多数。
その他 2001年7月1日~2002年6月30日:
EO(Entrepreneurs’ Organization)JAPAN(起業家機構)
第6期会長

第12回(2001年):
(社)ニュービジネス協議会アントレプレナー大賞・特別賞受賞

2002年4月1日~2006年3月31日:
(社)経済同友会幹事 

英会話学習協会(JECL)会長 https://www.jecl.org/

会社概要

スペースを有効活用し、コミュニケーションの活発化を促すことで、日本の国際競争力を高める

日本は地価が世界的にも非常に高い上、効率的に使用されていない無駄なスペースが多い。その無駄なスペースを活用し、それを必要とする企業に提供することで企業間のコミュニケーションの活発化を促します。
また、既存スペース(貸会議室)・空きスペース(テナントの入居していない事務所・ビル等)の有効活用によってコスト削減を実現し、稼働させることで売上の増加を実現します。企業の利益向上により日本の国際競争力を高め、社会に貢献することが弊社の目的でもあります。

商号 株式会社スペースサーチ(SPACE Search, Inc.)
URL https://www.spacesearch.jp/
資本金 10,000,000円
事業内容

1)貸会議室・レンタルスペース・パーティースペースの運営。
2)貸し会議室・研修施設・セミナー会場・パーティースペース等の提案・手配。
3)レンタルオフィス・サテライトオフィスの運営・手配。
4)テレワーク会場の運営・手配。
5)研修/セミナー/パーティー/イベントの企画・プロデュース・運営。
6)研修/セミナー/パーティー/イベントの開催。

7)英会話学習研修・英会話研修・英語研修。

8)英会話学習講座(個人・法人)。

9)バイリンガル人材の教育・育成・紹介。

10)バイリンガル人材のキャリアアップ支援。

11)国際/海外業務の業務委託。

12)国際/海外業務のコンサルティング。

13)国内/海外企業との業務提携支援。

14)国内/海外企業とのM&A ( 合併・買収 ) 支援。

企業目的

会議・研修・セミナーが増加傾向にあるのにもかかわらず、社内にそのスペースが十分に確保されていない企業が目立ちます。

昨今、その影響を受けて「利便性の高いスペース」のニーズが年々高まっています。弊社は使われていないスペースを有効活用し、様々なニーズ(※下記参照)に適応した「レンタルスペース」として提供します。

企業理念

利益を生むシステムを構築して
日本の国際競争力を高める

日本には余っているスペースがたくさんあります。そのスペースを放置するのではなく、稼働させることで商談を始め、会社説明会、研修、セミナー等にいたるまで、様々なニーズに応えて「利便性の高いスペース」を提供し、ビジネスをより円滑にサポートすることを理念としております。そのことにより日本の国際競争力を高めて社会に貢献していきたいという考えから、株式会社スペースサーチを設立いたしました。

企業ビジョン

スペースの稼働率・コストパフォーマンス
を考える時代到来に備えて

これからはスペース流動化の時代、つまり「スペース」を持たず、必要に応じて「スペース」を利用する時代が到来します。
弊社は、従来のアナログ中心の貸会議室業界と異なり、ITを効果的に活用した利便性の高いサービスを確立することに成功しました。拠点も一ヶ所だけではなく、首都圏に数多くの貸会議室・貸しスペースを提供できるのを強みとし、近い将来、首都圏にとどまらず、全国各地・海外での展開を予定しております。

様々なニーズ

遊休スペース例
・あまり使用していない会議室・教室等
・自社で使用していない時間帯の会議室、教室等
・売却予定物件の売却までの期間
・テナントが決定するまでの賃貸物件
・レストラン等、使用していない時間帯
・その他の空きスペース

ご利用例
・会議・研修
・会社説明会
・講演会・セミナー
・教室
・イベント・展示会
・懇親会・パーティー
・その他

空き状況確認フォーム

空き状況に関する確認やお問い合わせは、
こちらの空き状況確認フォームをご利用ください。

空き状況を今すぐ問い合わせる